• サイトマップ
  • 推奨環境

活性炭が飛散しにくく小型でシンプルな装置
ウエット炭連続溶解方式
粉末活性炭注入機

ウエット粉末活性炭の注入作業においては、活性炭を溶解する際に粉塵が飛散しやすいことから、作業環境や周囲への影響が課題となっています。密閉容器で活性炭を扱う【ドライ炭注入方式】への転換は抜本的な解決策とされていますが、多くの場合注入は期間的、一時的であることなどから、本格的な装置の導入には二の足を踏んでしまいます。

本機は使い慣れたウエット炭にも関わらず活性炭が飛散しにくい上、省スペース・低コストであり、注入作業の改善に大きく寄与します。

  • 使い慣れたウエット炭
    ウエット炭はフレコンバッグや紙袋で小口購入することができ、離れた場所にある倉庫での備蓄も可能です。
  • 粉塵が飛散しにくい
    床置きしたフレコンの上部からハンドノズルで活性炭を吸引移送するので、粉塵の飛散はわずかです。
  • 省スペース
    スラリー化して貯蔵する従来型のウエット炭注入設備と比較して装置面積は1/3以下※1になります。
低コストで活性炭注入作業を改善します
  • 据付簡単
    一体型ユニット&コンセント給電のため、搬入から据付まで約半日で完了します。
  • 低コスト
    ドライ炭方式よりシンプルな装置構成のため安価です。
    季節的な注入しか行わない低稼働率の設備としても適します。
  • 省スペース
    活性炭を吊り下げる必要がないので天井クレーンは不要です。
    一定の条件※2を満たせば屋外設置も可能です。

※1 弊社従来機との比較
※2 積雪時の運用がないこと、休止期間中に一部の機器を取り外して保管することなど

注入方式の比較

本機の方式は従来方式とドライ炭方式の中間に位置づけられます。
設置面積は3方式の中で最も小さくすることができます。

方式 ドライ炭方式 ウエット炭連続溶解方式
(本機)
ウエット炭バッチ溶解方式
(従来方式)
フロー
複雑
単純
貯蔵槽の必要容量
最大浄水量10,000m3/日
×平均注入率10mg/L
=平均注入量100kg/日
(ドライ換算)
とした場合の目安
10日分を貯槽で保管
→10日分:1000kg-Dry
1000kg/200kg/m3=5.3m3
φ1500×3500H (直胴部2500H)
3日分を貯槽で保管し、7日分を倉庫で保管する
→3日分:300kg-Dry=600kg-50%Wet
600kg/400kg/m3=1.5m3
φ1500×1400H
3日分を貯槽で保管し、7日分を倉庫で保管する
→3日分:300kg-Dry=600kg-50%Wet
スラリー濃度5%では
300kg/5%/1000kg/m3=6.0m3
φ1620×1650H×2槽
設置面積の目安 3.0m×3.0m(空気源設備除く)
高さを必要とする
2.3m×2.3m(空気源設備除く)
最もコンパクト
3.0m×6.0m
大きい
導入費用の目安 1.5~2.0 1.0(基準) 0.3~0.5(建屋を除く)
粉塵の発生 ない(密閉容器) 殆どない(上部から吸引) ある

作業の様子

ハンドトラックによるフレコンバッグの移動
活性炭の移送作業